振袖の悉皆

  • 2016.01.24 Sunday
  • 15:55
荒れる荒れる詐欺で一週間こもりっきりの生活でした。今こちらは天気良いですけど、皆様のお住まいのところはいかがですか?まだ荒れるという予報ですが、これからあんまり天気が悪くなるのは困りますわ。

さて、昨日は野口染舗さんに振袖の悉皆をお願いしてきました。特に汚れはないはずですが一昨年長女が0.5キロメートルほど雪道を歩いた時に裾を擦っていたらしく、八掛に毛玉が(泣)。新雪だったので泥汚れはないですが若干裾は汚れてますね。
野口さんは2月6日まで新春クリーニングフェスタ開催中で特選洗い、しみ抜きが2割引きです。具体的には襦袢が6400円、振袖が9600円消費税込みで総額17280円でした。正絹なのでしょうが無い。でもしばらく着る機会はないことですし、お手入れしておくと安心です。

私は昨日の着物が今年のお初でした。オレンジ色の会津木綿、帯は紺地にこれまたオレンジの抽象柄、白っぽい組紐の帯締めに黄緑色の帯揚げ、長羽織はベージュのウールです。半襟は白地に深緑の唐草模様の手ぬぐい。足下はショートブーツです。だって寒いんだもん。髪がぼさぼさなので早く切りに行かなくては。
今鏡を見ると自分でも笑っちゃうくらいまさしく「小母さん」なので、うっかり手入れを怠るとみっともない小母さんになってしまうのでございます。おばさんなのはかまわないがみっともないのはイカン。

ところでオレンジ色って、洋服だと絶対着ないですね。この着物も「ネタになるかも」くらいの気持ちで作ったんですけど、案外似合う(笑)。若いときにも似合ってたけどおばさんになっても似合います。合わせてみないとわからないモンです。そして、他人様の視線も大事です。信頼できる人のアドバイスには耳を傾けてくださいね。信頼できない、ただ売る気だけ満々の人のアドバイスはアドバイスじゃないから聞かなくていいですよ。脅されたら消費者センターにいいますよって言ってやればいいんですから、さっさと脱いで脱出してください。私は高い着物を買ったことがあるけど、後先考えず自分の物欲に屈しただけです。恫喝されたからではないです。だからたぶん大丈夫。買えない、買わないと思ったら押し問答なんかしないで自分で紐をほどいて逃げます。だから安心して逃げてくださいね。あれ?なんの話だ?

買い物始め

  • 2016.01.12 Tuesday
  • 13:13
こんにちは、現在ウロコ柄の帯が欲しいちょこ太でございます。
欲しいものは明確なのに、こないだちょっとぐらっと揺れる帯に出会ってしまいました。イベントそのものは昨日で終わりましたが、丸井今井の加賀老舗展で見つけてしまった。買わなかったですよ。16万円くらいだったかなあ。お金があった時なら買ってしまったかも。でも今は「それだけあったら中古で厨房施設が揃うかな」などと考えちゃいますわ。

件の帯はいつもの会場にありませんでした。チラシにも載っていたし加賀といえば名物だし、着物屋さんの出展がないはずはないのに、いつもの新館の9階には無い!なんでだ!と思いつつ通常の着物コーナーのワゴンを物色して帰ろうとこれも名物の怖い連絡通路を渡ったら、旧館の方にあったのねー。
加賀刺繍も加賀友禅も別の意味でコワいので(笑)手はポケットに突っ込んで見る。でもジーンズにリュック姿だと着物を着るようには見えないとよく言われるのが幸いして、お声は掛かりません。買える買えない以前に自分が着て出かける場面が想像できない高級着物ですが、見るのは大好きです。いろいろ見とれていると無造作に積んである帯の中にミントグリーンが見えまして。普段食指が動く色でもないのになんででしょ?袋に入っているのをいいことに引っ張り出してみると全体に黒い点線で幾何学模様が描かれて、お太鼓柄は両手で作れる円くらいの大きさの雪輪が、ぼんやりと滲んだ白に縁取られてちょっと濃い色に染められていました。今まで全然目が向かなかった感じですが、何が私に起こったのか?(笑)
毎年なにがしかマイブームがあって、帯だったり、ワインカラーだったりといろいろですが、去年は明確に「これ」というものがありませんでした。そして今年はまだ兆しを感じておりませぬ。なにが来るんだろう。ドキドキ。たぶん件の帯はブームとは違うと思われます。

さてそんな年頭ですが、買い物初めは恵庭の山口さんで、娘の成人式用品でした。いつも肌着はババシャツを着てたりするので礼装用の肌襦袢がない。長女の時は「タンクトップでいいよ」と押し通しましたが(着付けは親戚の美容師さん)自分で店をやるなら見本としても必要だしと、娘サイズの足袋と共に購入しました。てことは今年は自分用のものは買わない運命なのかしらん?答えは年末に出ますね(笑)。

成人式

  • 2016.01.11 Monday
  • 13:57
本日、我が家の次女は成人式でございました。新成人の皆様、おめでとうございます。新成人の親御さんの皆様、お疲れ様でした。
我が家は本人があまり乗り気でないため、私が気疲れしました。まあ、私の楽しみでもあったのですけど。

着付けはぎりぎりだし、帰ってきたらもう本人は脱ぎたい一心だし、あまり写真も撮れず・・・。かろうじて「かなぶんさんに見せるんだからね!」と写したのがこれです。
 
はあやれやれ。実際のところ髪はほつれてるしメイクはにじんでるしで、全体の写真はお見せできません。
振袖は私が着た30ン年前のものです。今はこんな赤の着物はなかなかないです。着物の命は着てこそ永らえるんだから、と「着てもらった」んですが、最近は結婚披露宴に招かれるということもあまりないですし、これで最後かもしれません。ちと淋しいですけどね。

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM