キモノでジャック サッポロビール園だけ〜

  • 2018.04.28 Saturday
  • 23:32

本日はキモノでジャックin札幌 博物館巡りに参加して参りました。が、JRで札幌駅に降り立たんという時間帯に猛烈にお腹が空きまして、予定変更して鉄道技術館はパスしてまっすぐサッポロビール園に行き遅い昼ご飯を頂き、園の庭の桜の花を観賞しつつ、苗穂から流れてくるであろう本隊に合流するという手に出ました。エゾ鹿のジンジャーソテー、美味しかったです。

 

お顔を見知った皆さんにご挨拶をしていたらなんと、実家のご近所にお住まいの方が私が着物で出かける姿をご覧になっていたとかでお声を掛けていただきびっくり。そんなご近所に着物好きさんがいらしたなんてー。私もそうかなあと思ってましたが、実家あたりはたまにバス停などで着物を着ていらっしゃる方を見かけるので結構着物好きさんが多いのではないかということでした。いつか半幅帯に挑戦しにいらして下さいね。

 

解散直前に「宣伝して下さい」って言って下さったので、ちゃっかり店の宣伝もさせて貰いました。お茶も飲みに来て下さいますし、応援して貰っちゃってますね。ありがとうございます。

 

そしてnunonoセンセとMさんにもお久しぶりにお会いして、「お茶でも」というお誘いを快諾していただき、かなり長い時間おしゃべりを楽しみました。いやー。やっぱりディープな着物談義は良いですねー。

 

ビール園の桜は樹によって、満開あり、まだつぼみだけあり、という感じでした。花見にはちょっと早いかな。あと4、5日したら桜を見ながらジンギスカンが食べれそうです。

 

本日の天気予報は曇りのち晴れ。予想最高気温は15℃は暑いのか寒いのか、判断に困りましたので暑さ対策をメインにコーディネート。寒い場合は足せば良い。

 

 

というわけで単衣の着物に単衣の羽織。襦袢は麻です。動くと暑くなったのでコレで正解でした。もしも寒くなった時用に帯のお太鼓にレースのショールを収納し、袂には薄手のアームウォーマーを仕込んでありましたけどね。バッグに入れるとぱんぱんになっちゃうので。

帯は桜っぽいの。6弁だから桜じゃないけど。全通なのでお太鼓から逆巻きに結べる便利物です。

 

自分撮りがへたくそなので着姿じゃなくて済みません。

 

これは面白い

  • 2018.04.27 Friday
  • 00:04

前から気になっていた組紐プレート。「君の名は。」にも出てきたあの組紐の台の代わりにこれって、ホントかあ?と思える簡単さ。でもこれ100円ショップで買った物です。100円ならね。失敗したっていいやと思って。

したっけこれがなんと面白いくらいちゃんとした物が出来る。

ね。ちゃんとした紐でございましょ。やり方はとっても簡単なのでTVを見ながらでも出来ます。要は、糸を固定するのが肝心なのね。これは手持ちの綿麻の糸で作りましたが裂き織りの細く切った布の糸でも出来るんじゃなかろうか。ただ残念ながら、出来上がりの2倍の糸が必要なので最初は糸がの絡みやすいのが難点です。台で組むのに糸を糸巻きに巻いてあるのはそれが理由の一つなんでしょうね。

さて、また別の色の糸を買ってきて色々試してみようっと。

 

 

またまた貰い物

  • 2018.04.23 Monday
  • 22:05

ども。貰い物や拾い物が大好きなちょこ太でございます。

また物を貰ってしまいました。

 

 

これは欲しいでしょ〜。

建物として、お隣のお隣にある「日本橋」というお寿司屋さんの、今は閉まっている稲穂店の建物が売れたのだとかで、見学に行ったらあった。言ってみるものですねえ。でもこれ、持ってきてみたら結構大きい(笑)。

 

なんでそんな話になったのかというと、片付けに来てらしたおじさんがご親族の着物を引き取って貰えないかなあ、とうちの店を覗いてくれたからです。全部は引き取れません、とお断りしたんですがいつか都合があえば見に行かせてもらう約束はしました。なかなかねえ。引き取りは難しいですわ・・・。

で、そのおじさんはもともとこの界隈で育った人なのだそうで、梁川通りの街灯は昭和35年くらいから付いたという話などを聞かせて下さいました。わあ。私の生まれるちょっと前ですよ。で、町場の人ですねえ。小学生の頃から夜の九時位まで外で遊んでいたそうです。パチンコ屋さんに潜り込んで落ちている玉を拾ってパチンコしたり、近くの映画館に潜り込んだり。(この近所に映画館があったんだ!)港の方に行けばブッといボルトが落ちてるので拾って鉄くず屋さんに売ってお小遣いにしたりとか。生粋の小樽ッ子なんだなあ。面白いお話でした。

元日本橋稲穂店の中身はもうほぼ空。流し台も撤去されてましたが、業務用の冷凍ショーケースがまだドドンと鎮座してて、配管もそのままだし、改装するなら一千万は掛かるだろうね、ってことでした。ひえー。どうなるんだろう。興味が湧きますわ(野次馬)

 

で、上の方で「建物として」と書きましたが。実は店舗的にはお隣、同じ建物の中で壁を隔ててお隣だった美容室が先日閉店されまして、「もう処分」という物の山の中から着物用のボディを貰っちゃいました。汚れがひどいので布地を買って張り直したいんですが、この厚手のストッキングみたいな生地ってカナリヤにあるかなあ?というわけでまたまた貰ったというお話でした。

野口染舗さんの染め物体験

  • 2018.04.13 Friday
  • 23:34

本日4月13日の北海道新聞夕刊の情報らんどに野口さんの染め物体験の案内が載ってました。

ワタクシ風呂敷の絞り染め体験済みですが、面白いですよ〜。今はハンカチを絞り染めにする体験メニューらしいです。腰紐にも変更可能。

お一人さま2000円で4人から10人くらいまでとのこと。私が以前体験したときは3人でした。4人集めるのは中々難しいと思われますので、今度いつか予定を合わせて体験に行きませんか?ただ、土日、祝日はお休みだそうです。また6月7月は行ってないとのことでした。いや。普通の会社つとめだとなおさら難しいかなあ。

 

あ、今年種を蒔いてうまく蓼藍が育ったら、夏に生葉染めをやりましょう。

色々作ってはみたものの

  • 2018.04.08 Sunday
  • 23:35

 

 

 

部屋を片付けていたら出てきたこれは、木綿で作った嘘つき袖。今は使っていません。なんでかっていうと、重いから。木綿って思いの外重い。着物そのものも重いですが、着てしまえば全体に重いのはあまり感じません。でもこれは動きが制限されるくらい重く感じます。袂が邪魔くさいのはかなり気になるもんですね。まー、ジョーゼットとかの薄い布ならば軽いんでしょうけど。

 

さてこれは何に作り替えましょうか。

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM