普段着の定義のそれぞれ

  • 2017.01.13 Friday
  • 23:59

本日13日の北海道新聞の夕刊に着物の記事が載ってました。おしゃれ指南のコーナーです。時々着物も取り上げられます。

タイトルは「着物に遊び心取り入れ」で、女性と男性、それぞれ変身前は正当派な着こなし、変身後はカジュアルと二種類紹介されています。札幌地下街ポールタウンのキモノハナおあつらえさんの着物です。

どちらも洋服に混じっても変に浮いたりしない素敵な着物ですが、女性は無地紬仕立て込み10万ちょい、名古屋帯5万6160円。これからスタートしたいと考えられている方にはちょっとこのお値段は簡単には手が出せないのでは・・・。とこの手の記事を読むといつも老婆心ながら考えてしまいます。男性の方はシルクウールで仕立て込み4万6440円。これなら何とかなるかしら。いや、ならないか。

 

着物屋さんはお商売だから仕方ないのでしょうけど、買う側としたらもうちょっと手を出しやすいお値段の物を紹介して欲しいよね、と思う庶民でございます。

 

かなぶんさんが以前おっしゃっていたのを私の解釈で申し上げますと、「洋服の普段着の感覚はそのまま着物の普段着の感覚にスライドする」。

ちょっとお手入れに手間が掛かったり、例えばスーツのようなきっちりした洋服が普段着である人は、着物を着る場合も正絹の小紋がしっくりくるだろうし、ジーンズに木綿のシャツといった洗濯機にポンと放り込んでザブザブあらう洋服が普段着だったら、やっぱり洗濯機であらえて手入れの簡単な木綿が着物の普段着として重宝するであろうというかなぶんさんの意見に私も全面的に賛成です。ワタクシ洋服の普段着はまさにジーンズでございますので。

だから着物屋さんが「小紋は普段着ですよ」というのもあながち間違いではないが、ある人にとっては間違っているアドバイスといえるのではないでしょうか。そんでもって、普段着がジーンズでも着物が着たい、と思っている人が結構いるということに気がついていない着物屋さんは実はとても多いのかも。着たいんですよ。皆さん案外着物が好きなんですよー。ねー聞いてます?(笑)

 

 

それにしても本日もお寒うございますね。トイレの水道管の凍結は直してもらいましたが、水が通った瞬間にまたサビがはがれてつまった模様。

まだトイレが使えません・・・。明日14日は臨時休業させて頂きます。凍結の予防には水を落とさねばならないのですが、水抜き栓がこれまた役に立たないようです。古い建物だからね・・・。良くも悪くも。

 

水抜きといえば、今日の夕方のニュースで「凍結防止のために水を細く出しっぱなしにするとよいでしょう」というのを聞いて「わあ、今それをここでやったら完全につらら出来る」と思いました。長女の大学進学の際、新入生への諸注意の中に一人暮らしの場合の冬期の水抜きの必要性が書いてあって「必要ない土地から進学してくる子もいるもんねー。」と面白く感じました。

皆様、寒さにはお気を付けください。

 

 

スポンサーサイト

  • 2017.05.24 Wednesday
  • 23:59
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    また詰まっちゃいましたかー。
    手の掛かるコはかわいいともいいますから、愛着がわくかもしれないですね。
    私はそのテで車に相当つぎ込んでます(笑)
    • かなぶん
    • 2017/01/14 1:20 AM
    はあ、ちょっとへこみますね、こう続けてだと。
    でもまあ、惚れた弱みですよねえ、お互いに(笑)
    • ちょこ太
    • 2017/01/17 8:44 PM
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM